初めての幼稚園選びの際に知っておきたい!幼稚園の基本知識などを分かりやすく解説します!

初めての幼稚園選びの際に知っておきたい、基本知識などを分かりやすく解説します。
年齢制限があるので利便性に欠ける場合があり、0才から利用する事を希望する保護者が多数いるので対策は良いです。
子供は素直であり、喧嘩やいじめが多発しない為に先生は細心の注意を必要ですが、集中力に欠陥がある場合は仕方ないです。
監視カメラを導入して、安心に利用できる環境を得る事は、保護者は仕事のモチベーションを高めるので最高です。

初めての幼稚園選びの際に知っておきたい!幼稚園の基本知識などを分かりやすく解説します!

初めての幼稚園選びの際に知っておきたい、幼稚園の基本知識などを分かりやすく解説します。
年齢制限があるので利便性に欠ける場合があり、0才から利用する事を希望する保護者が多数いるので対策は良いです。
子供は素直であり、喧嘩やいじめが多発しない為に先生は細心の注意を必要ですが、集中力に欠陥がある場合は仕方ないです。
監視カメラを導入して、安心に利用できる環境を得る事は、保護者は仕事のモチベーションを高めるので最高です。

そもそも幼稚園とは?保育園との違いとは?

幼稚園とは、小学校就学前の子供を対象に教育を行う施設を指しますが、保育園との違いが分からないという方も少なくないでしょう。
これらは、どちらも就学前の子供を対象にした施設ではありますが、対象年齢や管轄、保育する職員に必要な資格などに違いがあります。
幼稚園は、教育基本法に基づく教育施設で、文部科学省が管轄しています。
幼児に適当な環境を与えて心身の発達を助長することを目的としており、対象年齢は満3歳から小学校入学前までです。
教育施設なので、保育に携わる職員は幼稚園教諭免許が必要です。
一方の保育園は、児童福祉法に基づく児童福祉施設で、厚生労働省が管轄しています。
保護者が共働きであったり病気で療養中であったりするなど、保育に欠ける乳幼児に適切な保育を行うための施設で、対象年齢は0歳から小学校就学前の乳幼児となっています。
保育に携わる職員は保育士の資格が必要です。
また、幼稚園とは異なり給食が義務付けられてられているのも特徴で、離乳食から幼児食まで園内に設けられた給食室で作られます。

幼稚園と認定こども園の違いとは?

子供の教育環境も様々で、一昔前と変わってきたことが少なくありません。
そこで、幼稚園と認定こども園の違いについてですが、認定こども園は内閣府が認可しているものになります。
最近では、幼稚園と一体型のタイプもあるようです。
幼稚園は子供を教育する場所であるなどといったこともあります。
まあ、保育園も幼稚園も一長一短はあるものの、ご両親のライフスタイルにあった教育スタイルを提供となると、認定のようなもので様々な子供の子育て環境になってきています。
通わせるだけではなく、一時預かりで、ちょっと病院に行きたいなどと言った方などにも人気の24時間保育スタイルのものもあります。
こども園は、待機児童のためにできたものと考えていて良さそうです。
あまり良いサービスではないので、ベビーシッターなどにお金をかけても大丈夫な人たちもいますが、産後ケアなども活用されたい場合は、シッターなどの方が安心だと思います。
家事代行サービスと一緒に考えると良さそうですね。

幼稚園には大きく公立・国立などの種類がある

幼稚園と一口に言っても、大きく公立・国立・私立の3種類があります。
公立は地方自治体が運営している幼稚園です。
国立・私立よりも定員が少ない、2年保育を採用しているケースが多いといった特徴がありますが、少子化の影響もあり極端に数が少ない地域もあります。
国立は文字通り国が運営する幼稚園です。
国立大学の教育学部に附属しており、教育委員会の指導を受けずに大学の研究や教員育成に協力することになります。
園社は基本的に大学構内にあるため敷地が非常に広く、緑に囲まれた環境の中で生活できるという魅力もあります。
私立は民間の学校法人や宗教法人、財団などが運営している幼稚園です。
公立と同じく文部科学省が定めた教育要領に基づいた保育を行っているものの、公立とは異なり教育内容には各園ごとに独自性があります。
入園料や保育料も各園ごとに大きな開きがあり、給食・バス通園・延長保育といった保護者の負担を軽減する内容を重視する園も少なくありません。

幼稚園にかかる費用は年間にどれくらい?

幼稚園に入園させる場合、どの程度費用がかかるのか不安に感じることがあります。
費用は幼稚園によって異なっているものの、文部科学省が2018年に行った子供の学習費調査によると1年間の総額は公立が約22万円、私立が約53万円でした。
つまり公立と私立は2.4倍ほど違いがあります。
ですが2019年からは幼稚園や保育園、認定こども園では保育料の全額もしくは一定額が無償となっているので学校教育費はさがります。
幼稚園の場合教育費のほかに給食費や外活動費が必要です。
保育園のように給食ではなく、園によってお弁当であったり給食であったりしており、給食費は年間2万円です。
意外とかかるのが外活動費で3歳児は4.6万円、4歳児は8万円、5歳児は10万円ほどかかります。
体操服などが小さくなってしまった場合は衣服費がかかりますし、園内で英語教室が開かれ教室に参加する場合はそのお金も必要です。
そのため学校教育費を引いた金額は10万から20万ほどとなります。

幼稚園に関する情報サイト
幼稚園選びで知っておきたいこと

初めての幼稚園選びの際に知っておきたい、基本知識などを分かりやすく解説します。年齢制限があるので利便性に欠ける場合があり、0才から利用する事を希望する保護者が多数いるので対策は良いです。子供は素直であり、喧嘩やいじめが多発しない為に先生は細心の注意を必要ですが、集中力に欠陥がある場合は仕方ないです。監視カメラを導入して、安心に利用できる環境を得る事は、保護者は仕事のモチベーションを高めるので最高です。

Search